読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ワールド

自分の好きなことだけ、思ったことだけをただ書いているブログ。

夏!水難事故に巻き込まれないために。〜泳ぎがうまい私が溺れてしまった理由〜

f:id:kimiworld:20160719132410j:plain

夏は一番好きな季節。

しかし、この季節になると水難事故の悲しいニュースも毎年耳にします。

 

川底の温度は想像以上に冷たい

私の故郷では、手すりのない有名な橋があり、その橋から川に飛び込んで遊べるのですが、

観光に訪れた若い人が、毎年この川で亡くなってしまいます。

 

ニュースなど公にはなりませんが、地元消防団の方によると、その原因は

溺れたのではなく、ほとんどの方が心臓マヒで亡くなっているらしいのです。

いっしょにいた人たちの証言は「飛び込んだ後、浮いてこないかった」と。

 

川の底は想像以上に水温が低いにもかかわらず、若い人たちは到着するいなや、

準備運動もせず、すぐに川に飛び込んでしまいます。

そして、心臓マヒを起こすのです。

川の温度をなめずに、しっかり準備運動してから飛び込むようにしてください。

 

 

田舎のカッパと呼ばれた私が溺れた話

私は小さい頃から、家族や近所の仲のいいおっちゃんやおばちゃんから、

海で発生する「巻出し」(沖にどんどん流されてしまう)に遭遇した時の泳ぎ方や、

川で流れの速い場所に行ってしまった時に、どう対応するのかという話をよく聞かされました。

私たち世代のほとんどの家庭では、教えられている内容だと思います。

 

・どんなに流されても、流れにさからわないこと

・川で流された時は大きな弧を描くように斜めに泳いで岸に向かうこと

・冷静を保つこと

・とにかく背をむけてぷかぷか浮くか、平泳ぎをすること

 

いたって普通の教えなんですが、

私の地元で水難事故に遭われる方は、ほとんどが県外の旅行者の方です。

 

しかし、私も人生で1度だけ、溺れてしまい死にそうになったことがあります。

家族の顔がバババッと走馬灯のように走り、その時は死を覚悟しました。

 

子供の頃、市の水泳大会では常に上位1〜3位、普通に泳げるほうだと思います。

それに水難に合った際の知識もあるのに、なぜ私は溺れたんだろう。

 

理由は、、、

 

分からない、単純に溺れてしまった

 

です。

ある日、友達と2人で川に行きました。

天気は良好、流れは少しだけ速かったかもしれませんが特別速くもなく、昔からよく泳いでいた場所。

水深は私の身長より20センチほど深い所でした。

足がつったわけでもありません。

 

じゃ、なぜ?

冷静に振り返ると、一瞬、思いも寄らないタイミングで沈んでしまい、

その際に、水が口に入り飲み込んでしまったのを覚えています。

そうなると突然、あわわわわ、ガボガボボ、、、ヤバっ助けて〜!!!

全ては一瞬の出来事でした。

 

知識も、平泳ぎも、背を向けて浮くことも、頭の中からブっ飛んでいき、全く泳げなくなります。

できるのはなぜか立ち泳ぎの犬かき、ただガボガボ浮いたり沈んだり。

とにかく浮けなくなるのです。

泳ぐという言葉も方法も、完全に記憶から消えていました。

 

30〜40秒くらいだと思いますが、実際、何秒、何分溺れていたか分かりません、

沈んでいく水の中から、太陽に照らされる水面が見えました。

水面がすぐそこにあるのに顔が水面から出せないのです。

ただ水中でもがいていました。

 

こうやって覚えていられる冷静な自分と

混乱・あわてふためいている自分がそこには存在するんですね。。。

 

水中で家族の顔が頭の中に浮かびました。

これが今のところ最初で最後の走馬灯です。

もうダメだぁさよなら〜と思ったその時、足が川底に着きました。

少し流されたおかげで、自分の胸くらいの高さの場所で立っていました。

「足、つくじゃん!!!」

 

本当は全く思い出したくない思い出です。

泳ぎがうまくても、知識があっても、溺れる時は溺れてしまうんです。

 

もちろん天気が悪いとか、流れが速いとか、環境に左右されて溺れることもあると思いますが、

本当に何もない時にも水難事故に合ってしまうことがあるのです。

 

お盆の時期には川や海で亡くなった方にひっぱられるから泳いではいけない

とじぃちゃんやばぁちゃんに言われましたが、この時はお盆ではなかったのですが、

私は自分が溺れたことが不思議で、ひっぱれてイタズラされたんじゃないかと思うくらいでした。

 

友達と旅行がてら夏に帰省すると、この橋から記念に一緒にジャンプしますが、

溺れて以来、なるべく深いところには行かないようにしていますし、

深い場所に行く時はライフジャケットを使用して、プカプカ浮いてのんびり楽しむだけにしています。

 

川や海で遊ぶ時は、深さには余裕をもって無理をしない遊泳をしてくださいね。

そして安全に楽しくSUMMERを過ごそう!

 

広告を非表示にする