読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ワールド

自分の好きなことだけ、思ったことだけをただ書いているブログ。

運命!?日本の電車の中で海外で出会った人と3年半ぶりの再会!

日記 - blog -

f:id:kimiworld:20160805131021j:image

 

電車の中でスマホゲームをするのはいたって普通の光景。

私も先月はあるRPGのゲームに夢中になっていて、電車の中では座るやいなや、

速攻スマホを取り出し、ゲームに向かっていました。

 

だから、3年半振りに会う友人が電車の中で自分の斜め前に立ち、

私の気を引こうとしてくれていることに全く気付きませんでした。

 

その子は、電車の中で私をみて「似てるな〜」と思っていたそうで、

動いたりチラチラ大袈裟に見たりして、何度も私の気を引こうとしていたらしいのです。

しかし、私はまったく気づかなかったそうで…(^^;)

 

スマホのおかげで1つめのチャンスが終わりました。

でも神様はセカンドチャンスを残してくれていました。

 

 

電車を降りる時、去っていくその子の存在に私が気づきました。

「あれ?似てるけど違うかもしれない、とりあえず名前だけ呼んでみよう、

違ったら無視されるだけだろう」と思って名前を呼んでみました。

 

都内のホームでちょっと大きな声を出して人の名前を呼ぶ。

海外に行く前の私なら、こんなことはしなかったでしょう。

 

 

そして、振り向いてくれた人はやっぱり私の知っているあの子でした〜🎶

お互いにhugして久しぶりの再会に感動!

 

このおかげで彼女達の前々から決まっていた飲み会に誘ってもらうことができました。

 

スマホばっかり見てたらだめ(笑)

 

3年半振りの再会

うぉ〜!

3年半前、とある後進国で出会った友達8人。

現地で別れて以来、久しぶりに会いました。

 

3ヶ月〜半年、ほぼ毎日のように顔を合わせて、週2〜3でよく飲みに行った仲間。

年齢は23〜40歳までと幅広くて、久しぶりに会ったにもかかわらず、

心の距離はとても近く感じました。

 

日本でだれかと友達になる時、たまに意気投合して即日で仲良くなる場合もあるけど、

お互い知り合って、素に近い自分を見せる関係になれるまで、だいぶ時間がかかります。

 

海外で出会った友達は、日本で友達になるより短い時間で、深くお互いを知り、

無理をしない素の自分を早めに出せる気がします。

 

特に、私たちの出会った国は銃社会ではなかったものの、

日本人は高価なものを持っているということで、週に1人くらいの割合で現地人に襲撃されていました。

 

パンチ、キック、後ろからのラリアットやタックルで倒されて、殺されはしませんでしたがナイフで切られた子もいました。

そして、時計・帽子・スマホ・財布などなどの金品を盗まれるのです。

それを私たちは「⚪︎⚪︎(国の名前)アタック!」と呼んでいましたが、現地警察も「俺らはいつも注意しろと言っているだろ」と言って、いつも相手にしてくれません。でもグループで襲われたら、どうしようもないです(苦笑) 

 

そんな国でしたが、それでもなぜかキライになれない国でしたし、そんなこんなで、頼りになるのは同じ日本人。

そのため、つながりがとても強くなっていったんだと思います。

 

 

アメリカ人の兄弟姉妹って、仲がよくてお互いにハグをしたり

頬にキスをしたり、肩を組んだり、素直に自分のことを家族にも表現します。

男と女の間でも、気楽にそんなことが出来る仲間と久しぶりにあえて本当嬉しかった。恋人が見たらヤキモチ妬いちゃうかもね。

 

そして年甲斐もなく久しぶりにオールナイト&カラオケに行ってきました。

でも二日酔いになりたくなかったのでカラオケでは私はほぼ水だけを飲み、hangoverは免れました。

 

朝、そのまま仕事に行かなければならない人も数人(若いな…。)

私も寝ずに午前の用事をすませ、午後からは不動産屋へ、

そして夜は最近始めようと思ったピアノを弾きにピアニストの友人宅へ。

眠いけど心はめっちゃ元気です。

そして久しぶりに昨夜はめっちゃ寝れました、気持ちよかった〜。

 

 

チャンスを見逃さないように

いろいろ彼らから学ぶことやパワーももらったし本当に会えてよかった。

あの時、電車にあの子に会わなかったら、この機会はなかったんだなと思うと、

チャンスってすぐそこにあるのに、普段は自分のせいで気づかないことが多いのかも

と思いました。

自分のことに集中するんじゃなく、少し周りにも目配りしておこう。

 

 

 

 

広告を非表示にする