読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君ワールド

自分の好きなことだけ、思ったことだけをただ書いているブログ。

レフレール、アンソロジーツアー in 横須賀

日記 - blog - シンクロニシティと不思議  - synchronicity -

f:id:kimiworld:20160905210155j:image

ピアニストの友達がチケットが余ってるから

ジャズのコンサートに行こうと言ってくれました。

 

ちょうど予定がなかったことや、

以前はあまり興味のなかったジャズですが、海外の大学でジャズを昨年受講したところ、

教授がすごく情熱的だったので、それ以来ジャズに興味を持ち始めていました。

 

そんなタイミングのお誘い。

「(おっ!ジャズか!)いいよ〜いくいくぅー」と軽い気持ちで返事をしたので、

どこであるのかも、誰のコンサートかも知りませんでした。 

 

行ってみたら遠いし、ジャズじゃないし(笑)

 

 

レフレール -Les Freres- って?

私はこの5年くらい日本人の音楽を聞くことから離れていました。

レフレールのことも知りませんでした。

 

lesfreres.jp

横須賀出身、ユニークなピアノ演奏をする、

兄:斎藤守也さんと、弟:斎藤圭土さんの兄弟ピアノデュオです。

 

私はクラブミュージックやロックは聞くのですが、

それ以外の音楽のジャンルには全く詳しくないので、

どう表現すればいいのか分からないのですが、

弦を押さえてハープみたいな音を出したり、カスタネットみたいな音を出したり、

エンターテイメントな弾き方もあり〜の、楽しめた部分と、

音に、曲に、心が急に洗われました。

 

 

お気に入りの曲

お兄ちゃんが作る曲と弟さんの作る曲で、それぞれテイストが違うのもいいです。

 

お兄ちゃんの作曲の「Top Gear」という曲は、なんかゲームのバトルみたいでカッコよかった。

 

弟さんの「シャクナンガンピ」はキレイで切なくて、聞き入ってしまいました。

「For kids」という曲も楽しくてワクワクしました。

 

あとは「キャトルマンのテーマ」を含むアンコールはノリノリで楽しかった。

 

 

ここでもシンクロニシティ

小さいことですが、たまにシンクロが起こります。

こうなって欲しいなと思った通りになったとか、

考えていた人から電話とかメールとか、

最強なのは誰か分からず買ったCDのアーティストと3日後に会うことができたとか。

 

今回、驚いたのは「エンドロール」という曲が流れた時、

”あれ?聞いたことある、でもどこでだろう"と思って調べたら、

高知に行った時に聞いた、あるニュースのオープニングテーマでした。

 

つい最近、高知に帰っていたので、なんとタイミングがいいというか…。

 

これがまさにシンクロニシティ

 

 

もう一度聞きたい、CD欲しい!

楽しくなるノリノリの曲、優しい音色、いろんな奏法、

ピアノだけだけど、家でものんびり聞きたいなと思いました。

 

ぜひぜひ、知らない方も一度聞いてみてください、オススメです。

 

広告を非表示にする